決して遠い話じゃない!?ネット誹謗中傷を防ぐ3つの方法

コピペチェッカーを使用する

現代、ネットワークは世界規模で急成長を遂げています。日本国内では、その気になればほとんどの人達が気軽にネットワークでオリジナルの情報を発信することができる状態です。そこでだからこそ気をつけたいのが「パクリ疑惑」を持たれることです。現代ではネットワークの情報量が多すぎて、自分で考えたオリジナルの言葉や創作でも、誰かと類似してしまうことがよくあります。そのようなことがないよう、自分のオリジナルだったとしても、後悔する前にコピペチェッカーなどを使用してチェックしておくことを忘れないようにしましょう。

コメントの公開設定を変える

コメントはそのサイトなどの信憑性や便利さを伝えるためにも有効なものです。しかし、裏を返せばそこに悪意のある書き込みをされた場合、一瞬でサイトや会社が炎上してしまうこともあるということです。そのような悪意あるコメントを阻止するためにも、コメントはこちらが承認しない限り公開されない設定にしておきましょう。そうすれば、悪意ないコメントは通常通り後悔した上で、何か迷惑なコメントが付いていても、一瞬で削除することができるため、被害を被ることはありません。

誰かに確認してもらい、2人目のチェックを入れる

やはりいくら機械が進化しているとはいえ、最後は人間のチェックが必要となります。特にふとした書き込みでも、見る人によっては倫理観や価値観に反してしまっている場合があるのです。だからこそ、自分一人ではなく、ネット上に情報を更新する際には、最低でも他に一人以上のチェックを入れるようにしましょう。そうすることで、より多くの人から見た問題のない記事を書き上げることができます。一度公開したものは一生消すことができないため、インターネットはくれぐれも慎重に扱うように心掛けましょう。

サジェストとは検索エンジンで単語を入力したときに検索予測を表示する機能です。サジェストに風評被害やネガティブワードが含まれてしまう場合にはサジェスト対策を施す必要があります。