誹謗中傷ってどんなこと?被害にあった時の対策

誹謗中傷ってどんなこと?

インターネットの進歩が進む今日では、匿名で情報を発信することが簡単にできます。その結果、他人を傷つけたり、人権を侵害してしまうような問題が多く起こっています。ひどい内容のものは、名誉毀損罪を課せられることもあります。例えば、個人を特定できるような悪口をインターネット上で書き込むということがあげられます。このような記事が書かれていることで法務局に相談が入った時には、名誉毀損であるとされると、そのサイトの管理者を通して記事の削除を行います。

誹謗中傷に関する法律

ネットでの誹謗中傷は、様々な法律に触れることがあります。代表的なものを3つ紹介します。1つ目は名誉毀損です。名誉毀損とは、個人を特定できるような書き方で、他人の名誉を傷つけるような文章を作成することです。2つ目は、侮辱です。侮辱とは、個人の名前を出して「性格が悪い」などと人格を否定するような書き込みをすることです。3つ目は、プライバシーの侵害です。個人の私生活や秘密を公開したりすることがこれに当たります。プライバシーを侵害された場合には損害賠償を請求することが可能です。

誹謗中傷の被害にあったら?

もし自分が誹謗中傷されたとわかったらとても辛く、どうしたらよいか頭が真っ白になってしまうかもしれません。しかし、こんなときだからこそ冷静に対処することが大切です。その記事を削除したいときは、掲示板の管理者に本人、または代理人が削除要請を行います。書面での要求は印鑑証明が必要です。また、電子メールで行う場合は電子書籍名が必要です。誹謗中傷されたときは以上のように記事を削除することができますが、記事の内容によっては誹謗中傷とされない場合もあります。

逆SEOは特定のホームページを検索サイトの上位に表示させないようにする方法です。悪質なサイトが削除できない時に力を発揮します。