有効なポスターを作る3つのポイントを公開

テーマは絞って思いっきり!

ポスター制作って意外と難しいですよね。読まれるポスターにするにはまずテーマを絞ります。ポスターを作るということは何かを伝えたいはずです。しかし、巷にはテーマを絞れていないポスターが意外とあります。これは伝えたいことが多すぎて絞れていないことが原因です。ポスターは目立つことが命なので、テーマをしっかり絞って思いっきり描きます。テーマは言葉でも絵でも何でもOKなので、とにかく目立つように描きましょう。

重要なことは載せ忘れず、でも余白は残します

ポスターの忘れてはいけないポイントとして重要事項を載せておくことがあります。内容にもよりますが飲食店ならメニューやホームページアドレス、住所などを載せておきます。イベントのポスターなら日時や会場、責任者の連絡先などを載せておくと良いでしょう。しかし、ポスターはキツキツに描いてはいけません。適度な余白を残しておくことが重要です。余白の少ないポスターは一目で見づらいという印象を与えてしまい、読んでもらいにくくなるからです。

文字と画像のサイズを統一しない

一般的な文書では文字や画像のサイズを統一して綺麗に見せる手法がよく用いられます。しかし、ポスターでそれをやると単調だと捉えられてしまいがちです。文字に関しては一文中でさえサイズを途中から変えてしまうのもありです。思わず読み止めてしまうくらいの印象を与えたいのです。画像に関しても同じことが言えます。大きさに差をつけたり、向きを斜めにしてみたりすると興味が湧きやすくなります。自分の中で印象に残っているポスターを参考にするのも良いでしょう。

家やオフィスにあるプリンターより激安コピー印刷の業者に頼んだ方が圧倒的に安いので、利用することをおすすめします。